痛風の対策でしつこい痛み克服|健康お助けドクター

男性

しびれや運動障害なども

女性

50代以降の男性は注意を

年をとると体の何処かに異常が現れることが多くなりますが、しびれや運動障害が起きた場合には後縦靱帯骨化症を疑う必要があります。頚椎を背中で支えている部分に後縦靭帯と呼ばれる場所がありますが、この部分が何らかの原因によって骨化してしまうのが後縦靱帯骨化症です。しびれや痛みといった症状が現れ、人によっては歩行障害や運動障害といった症状が見られる場合があります。後縦靱帯骨化症は日本人の間ではそれほど珍しい病気ではなく、100人に3人の割合で発症するとされています。女性よりは男性に多く見られる病気であり、特に50代以降の男性になると発症する確率は相当高くなるので注意が必要です。無症状で気が付かない人もいますが、症状が進行すると手術が必要になることもあります。

手術以外の治療法も

手足のしびれや痛みなどの症状が見られ、進行すると歩行障害や運動障害などが見られる後縦靱帯骨化症は治療するには手術が必要になることもあります。後縦靱帯骨化症になってしまう原因は遺伝などが考えられていますが、まだ正確にはわかっていません。しかし、症状が進行していない状態であれば手術をしなくても保存的療法で済むこともあります。保存的療法には頚椎牽引療法や頸部カラー固定などがあります。また、頸部のマッサージなどの理学的療法で治療することが出来る場合もあります。後縦靱帯骨化症は人によってその症状や進行速度にも大きな差が見られることもありますので、もしそうだとわかった場合には経過観察がとても重要となります。